FC2ブログ
ここでは、出会い系☆思い出:プライベート・アダルトに関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ボクは出会い系が好きです。
前回、今使ってる有料のサイト(ワクワク)について書きましたが、今日は、無料のサイトでの体験談を一つ。。。
サイトはココです。
サイトはMコミュというサイトで、携帯からしか使えませんが、割と有名なので知ってる人も多いはず。
ココは、男女とも完全無料です。
しかも、姉妹サイト(XXmail)でサブアドレス(これも無料)を取得でき、そのアドレスを使用すると、本アドを使わずに直メ可能です。
又、写メを添付しても、転送不可属性となって送信される為、悪用されることもありません。
もちろん、他のサイトへの同時登録なんかもありませんし、安心して使える、数少ない高機能の完全無料サイトです。

半年ほど前、ここで、一人の人妻を見つけました。
ボクは、出会い系では、基本的に人妻狙いです。
何故かと言うと、一つは年齢的に同年代は人妻が多いと言うのがあります。
やはり、同年代だと話題の共通性等の面から、盛り上がりが早いです。
次に、特に子供が居る人妻は、夫婦が男と女じゃなくて、父親と母親という関係になっているので、女として扱われる事を喜びます。 そこを突いて、'女性’として扱ってあげると、落ちる確率が高くなります。
あと、やはり、セックスがイイ場合が多いです。'旦那の前ではこんなことした事無い’と言いながら、かなりエロく燃えてくれます。

その人妻も、そんな一人でした。
子供は二人とも小学生に上がって、週3日程パートをしてる、同年代のチョイポチャの女性です。 掲示板の投稿では、'純粋にメル友募集’だったのですが、こんな言葉に騙されてはいけません。 もちろん、初めの1ヶ月ぐらいは、フツーに趣味の話や、音楽の話、その日の出来事なんかをメールしてました。
そして、ある程度、友達関係が成立したと思ったある日、ボクが良く使う手で、デートに誘いました。(この方法は、割と成功率が高いですが、あまり人に教えたくないので、お許しください)
割と暇を持て余してる彼女は、即OK。 もちろん、その前に写メ交換は済ませてあります。

約束の日、彼女は家庭があるので、もちろん、デートは昼間です。
ボクは、休みを取って(もちろん、嫁さんは仕事に行ってると思ってます)、約束の時間までゲーセンで暇つぶしし、いよいよご対面。 写メ交換してるとはいえ、ドキドキ・ワクワクする瞬間ですね。(~_~)
写メより、すこしポッチャリしてる感じでしたが、ちょいポチャ好きのボク的には、‘ヨッシャー!’でした。 ココで、デート後、落としにかかる事が決定です。
少しお話をして、彼女が帰らないといけない時間の確認をします。
これは、後々重要です。 即落としの為の布石となります。

デートのメインイベント終了後、少し人気の少ないところに誘導し、再びお話タイム。 心の中では狼が口を開けてますが、あくまでも紳士的に。
そして、彼女が帰らないといけないと言ってた、3時間程前に、‘じゃぁそろそろ’みたいな感じで、デートの終わりを仄めかします。

女性は、ココで2つのパターンに分かれます。
‘時間あるから、もうちょっと…’と言ってくるパターンと、‘そうだね’って感じで、帰りモードに入るパターンですね。
前者の場合は、80%以上が即落ちです。
止めの落とし文句で、不倫への道、まっしぐらですね。

後者の場合は、お別れのキスをお願いします。 その日のデートが楽しければ、まず、これはOKしてくれます。 キスができればこっちのものです。
キスのテクニックと、これまた止めの落とし文句で、お帰りモードから、不倫への道にリルートです。

彼女は、前者のパターンでした。

軽いキスから初めて、なるべくスムーズにDeepなキスへと移行します。
ここで、止めの落とし文句です。(スミマセン、これも内緒…)
元々、2~3時間余裕をもったお別れをしようとしてたので、ホテルに行くぐらいの時間は残ってます。

ホテルに入って、恥ずかしがっていた彼女も、予め用意していたお風呂を楽しむグッズなんかを使ってる間に、少しずつ大胆になっていきます。

聞けば、彼女、今まで不倫経験は無いそうで、初めは、かなり緊張してたようです。
でも、緊張が解れていって、だんだんと大胆になってくる様は、イイですね。
初めからエロエロモード全開もイイですが、個人的には、恥ずかしがってた女性が、徐々にエロくなっていく方が燃えます。(^^ゞ

初めは、お風呂の中で、遊びながらの触りっこから、擦り→揉み→舐めまわしと徐々にヒートアップして、軽く挿入。 まだゴムも着けてないし、この挿入は、まだ前戯の一部なので、ここでは、お互い、激しく責めずに、軽く挿入感を味わう程度です。
ウットリしてきたところで、ベットに移動して、全身を責めまくります。
旦那とのワンパターンなセックスばかりしている人妻は、責められると喜びますねぇ。
ヨガリまくって、大洪水です。‘早く入れて’と言われても、舌技を中心に攻め続けます。2回ほどイかせて、3回目に盛り上がってきたところでゴムを着けて貰い、挿入です。 ボクは、口で着けてもらうのが好きなので、お願いして、口で着けてもらいます。
‘恥ずかしくて旦那にはできな~い’
イイですねぇ。 この言葉を聴くのが好きで人妻を狙ってるのですから。
前にも言いましたが、ボクの息子は太めなので、入れた瞬間に、外に聞こえるんじゃないかと思うくらいの声で、‘アァ~ん、大きい!’とのけ反ります。
ここからが勝負です。 彼女を、エロエロ全開にさせるために、すぐにピストンは行いません。
入れてから、数回、ゆっくり抜き差しした後、子宮に届くまで挿入し、後は動かずに、息子をヒクヒクさせます。そして、一度、抜けるぐらいまでユックリ抜いて、再び奥まで入れて、息子をヒクヒク…
これを繰り返すうちに、彼女から腰を動かしだします。
こうなればこっちのもの。 どんな体位だろうが、恥ずかしい言葉を言わせようが、お構いなしの乱れまくりモードです。
お互い、汗だくになって、一緒に頂点に達します。 二人とも疲れ果てて、入れたまま、何も言わず、まどろんでます。 だけど、ここで気を抜いてはいけません。
女性は、絶頂間が去った後、抜く時も、意外と感じるらしいです。 なので、それまでは、息子の戦闘モードをキープします。
頃合を見計らって、ゆっくり息子を抜きます。 この時も、カリで、彼女の中を少し引掻くように抜き、最後は、クリちゃんを引掻く感じで引き抜きます。
‘あンッ’と微かに彼女の声が漏れ、この瞬間に、彼女はボクの(息子の?)虜です。
お互い、まだシたい気持ちでしたが、さすがに2回戦する時間は残されていません。
残りの短い時間を、キスをしながら、イチャイチャと過ごし、お別れの時間です。
もちろん、次に逢う約束を決めて。
別れ際に、‘まだ入ってるみたい…’と恥ずかしそうに、ボクに耳打ちする彼女。
それからというもの、逢えばもちろん、メールでも、彼女は全開エロモードです。
旦那さん、ゴメンネ。(^_-)

ボクは、こんな時に使うラブラブ用のグッズをココから、よく購入します。
ラブグッズといっても、よくあるアダルトショップと違い、大人の女性の為のラブグッズというコンセプトで、ここの商品は、女性受けがイイです。
初めて誘った女性や、アダルトグッズに慣れていない女性には、ココのグッズをお勧めします。(^_-)-☆


今回の記事は、参考になりましたか?
はいいいえ
スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sunnamani.blog34.fc2.com/tb.php/9-01b69856
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。